03-3639-3667
営業時間
平日 9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

相続とは

  1. 濱島久資税理士事務所 >
  2. 相続・贈与に関する記事一覧 >
  3. 相続とは

相続とは

相続とは、人が死亡したときに遺された財産を承継することを言います。財産を受け取る人を相続人、死亡した人を被相続人と呼びます。相続の対象となるのは、被相続人が生前もっていた一切の権利と義務です。つまり、金銭や不動産、株式のような財産はもちろん、借金などの債務も相続財産に含まれます。

■誰が相続するのか?
誰がどれだけ相続するかは、遺言書の内容にしたがいます。遺言書がない場合には、法律で定められた相続人(法定相続人)が相続することにとなります。

被相続人に配偶者がいた場合、配偶者は必ず法定相続人になります。その場合には、①被相続人の子・②被相続人の直系尊属(両親や祖父母)・③被相続人の兄弟または姉妹、という優先順位で該当者を検討し、最も優先順位の高い地位にある人が法定相続人になります。たとえば、被相続人に妻と母と兄がおり、子はいなかったという場合、法定相続人は配偶者と母になります。

被相続人に配偶者がいなかった場合は、先ほどの優先順位が最も高い地位にある人が単独で相続します。

■相続財産の分け方は?
先ほども触れた通り、遺言書がある場合には、相続分もこれにしたがいます。遺言書がない場合には、法定相続分にしたがいます。

配偶者と子が相続する場合、配偶者と子で相続財産を2等分します。配偶者と直系尊属の場合には、配偶者が相続財産の3分の2、直系尊属が3分の1を相続します。配偶者と兄弟姉妹のときは配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1を相続します。

また、「子」や「直系尊属」などの同一の地位に複数人が存在するときには、その人数でその地位の相続分を等分します。例えば、被相続人の妻と長男、次男が相続する場合、法定相続分では妻が相続財産の2分の1を相続し、長男・次男が4分の1ずつを相続することになります。

濱島久資税理士事務所では、東京都中央区を中心に、確定申告や譲渡、相続など幅広い業務に対応しております。相続に必要な書類の作成や、相続財産の分割、不動産相続、相続税、遺産総額の計算などでお困りの際にはご相談ください。

濱島久資税理士事務所が提供する基礎知識

  • 中央区の会社設立は濱島久資税理士事務所にご相談ください

    中央区の会社設立は濱島...

    会社を設立する際には、様々な手続きが必要ですが、税理士に依頼することによってスムーズに会社設立を行うこ...

  • 孫に生前贈与する方法

    孫に生前贈与する方法

    被相続人が亡くなり相続が発生すると、相続税が発生します。そのため、相続税を節税するために「孫に生前贈与...

  • 遺留分・遺留分侵害請求権とは

    ■遺留分とは? 遺留分とは、法定相続人に保障された最低限の取り分です。 被相続人が遺言を作成していた場...

  • 税理士に依頼をする基準

    税理士に依頼をする基準

    いざ、税理士に依頼してみようと思ったときに気になるのが、税理士に依頼する基準です。事業を始めた場合、い...

  • みなし贈与とは

    みなし贈与とは

    ■みなし贈与になるケース 贈与契約は、双方の合意による民法上の契約です。しかし、税法では、こうした本来...

  • 確定申告の種類

    確定申告の種類

    個人事業の確定申告には、白色申告と青色申告の2種類があります。 ①白色申告 白色申告とは、確定申告の...

  • 人材育成サポート

    人材育成サポート

    経理担当者の主な業務といえば、日常的に行う帳簿付け・領収書整理をはじめとして、出入金管理・決算処理など...

  • 中小事業者の主な特例

    中小事業者の主な特例

    中小事業者には、納税の負担を軽減するため、さまざまな税制上の優遇措置がとられています。 具体的な中小企...

  • 会社設立のメリットデメリット

    会社設立のメリットデメリット

    自分で事業を起こそうと考えたとき、「個人事業主」として始めるか、最初から「会社」として始めるか迷うとこ...

よく検索されるキーワード

ページトップへ