03-3639-3667
営業時間
平日 9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

定款とは

  1. 濱島久資税理士事務所 >
  2. 会社設立に関する記事一覧 >
  3. 定款とは

定款とは

定款とは、会社の組織・運営に関する根本規則です。
会社は、会社法に従って運営されなければなりませんが、より細かい点については自らが定めた定款に従って運営することが認められています。そこで、会社を設立するにあたっては、会社の実情に即した、使い勝手のよい定款を作成する必要があります。

もっとも、定款にどんなことでも記載できる訳ではなく、会社法が定めるルールとして、定款に記載する事項には、①絶対的記載事項、②相対的記載事項、③任意的記載事項の3種類があります。
①絶対的記載事項
絶対的記載事項とは、定款に必ず記載しなければならない事項をいい、この事項の記載がない定款は無効とされます。
絶対的記載事項には、(ⅰ)目的、(ⅱ)商号、(ⅲ)本店の所在地、(ⅳ)設立に際して出資される財産の価額又はその最低額、(ⅴ)発起人の氏名又は名称および住所、があります(会社法27条)。なお、会社の成立時(設立登記時)までに「発行可能株式総数」を定めなければなりません。

②相対的記載事項
相対的記載事項とは、記載されなくても定款が無効となる訳ではありませんが、記載がないとその効力が認められない事項をいいます。そのため、会社にとって必要と思われる事項は、漏れなく記載しておく必要があります。
相対的記載事項には、「会社の機関に関する定め(取締役会・委員会等)」や、「株券を発行する定め」、「金銭以外の現物でする出資」、「発起人の財産の引き受け」など様々なものがあります。

③任意的記載事項
任意的記載事項とは、定款に記載せず、株主総会決議や取締役会の制定する規則等により定めても効力が生じますが、事柄を明確にする等の目的で定款に記載される事項のことをいいます。定款で定められた以上、その事項を変更するには定款変更手続きによらなければならないことを考慮すれば、本当に定款に盛り込むべきか、慎重に検討する必要があります。
任意的記載事項には、「株主総会の収集方法」や、「配当金の支払いに関する事項」、「役員報酬に関する事項」、「事業年度」などがあります。


濱島久資税理士事務所では、法人・個人問わず、会計・税金に関わる業務・手続きを親身になってサポート致します。
東京中央区を拠点に、創業融資に関するご相談や、定款作成の代行に関するご相談、法人選択に関するご相談などにお応えし、会社設立にかかる費用・時間のご負担を軽減いたします。
会社設立・開業でお悩みの際は、当事務所までご連絡下さい。

濱島久資税理士事務所が提供する基礎知識

  • 贈与とは

    贈与とは

    ■贈与とは 贈与とは、相手方に対して無償で財産を与えることを言い、民法上の「贈与契約」に基づいて行われ...

  • 税理士に依頼をする基準

    税理士に依頼をする基準

    いざ、税理士に依頼してみようと思ったときに気になるのが、税理士に依頼する基準です。事業を始めた場合、い...

  • 所得税の課税されない譲渡所得

    所得税の課税されない譲渡所得

    譲渡所得にはさまざまなものがありますが、「譲渡所得には当てはまるものの、所得税の課税対象とはならない譲...

  • マイホームの買い替え特例について

    マイホームの買い替え特...

    マイホームを買い替える際には、売却した時の利益が3000万円以上の場合は、3000万円特別控除等を利用...

  • 税務申告の種類

    税務申告の種類

    法人が支払うべき税金には、法人税をはじめとして、法人住民税、法人事業税、消費税などがあります。 法人は...

  • 確定申告の時期

    確定申告の時期

    確定申告の受付期間は、毎年2月16日から3月15日までとなります(土日の関係で、年によって変動します)...

  • 人材育成サポート

    人材育成サポート

    経理担当者の主な業務といえば、日常的に行う帳簿付け・領収書整理をはじめとして、出入金管理・決算処理など...

  • 確定申告を税理士に依頼するメリット

    確定申告を税理士に依頼...

    現在、フリーランスや業務委託など個人事業主として働いている人が増えていますが、個人事業をする上で大きな...

  • 確定申告に必要な書類

    確定申告に必要な書類

    確定申告に必要な申告書は、大きく分けて申告書Aと申告書Bの2種類があります。 申告書Aは、会社員や年金...

よく検索されるキーワード

ページトップへ